作業療法士の学校・学生

作業療法士【OT】が教員になるには?専門学校・大学によって難易度が違う

作業療法士-教員

作業療法士は病院や施設など臨床業務に就くことがほとんどですが、作業療法士を教育する養成校の教員になる道もあります。

 

教員になる方法や専門学校と大学で大きく異なります。

専門学校の教員は人脈が大事。

大学の教員は実績と研究が重要視されます。

 

新人の時点で専門学校の教員を目指すなら、養成校を経営しているグループ病院に就職しましょう。

大学で教員を目指すなら、大学院まで進んで博士号を取っておくと教員への道が開かれます。

それでは専門学校の教員と大学の教員になる方法を詳しく解説していきます。

作業療法士ー看護師ーダブルライセンス
作業療法士【OT】が看護師を取得するメリット・難易度【ダブルライセンス】作業療法士として働いていると、看護師はもっとも関わることの多い職種です。実際、作業療法士と看護師のダブルライセンスを取得される方もいます。作業療法士として働きながら看護師の資格取得は可能なのか解説していきます。...

【作業療法士】専門学校の教員になる方法

まず、養成校の教員には教員免許は必要ありません。作業療法士の資格さえあれば養成校の教員として働くことができます。

 

専門学校の教員は稀にハローワーク等で求人が出ることがありますが、教員として採用されるほとんどは人脈です。

 

とくに養成校の系列グループに病院があるなら、病院に勤務している作業療法士がそのまま教員として異動するケースがほとんど。

つまり、教員になりたいなら養成校をもっている病院へ就職することが教員になる最大の近道です。

 

専門学校の教員は大学の学位や研究・論文は特に必要ありません。

病院でそれなりの業務をこなし、人脈さえあれば教員になれると思います。

【作業療法士】大学の教員になる方法

大学の教員は専門学校よりも遥かに難しいです。

その理由は人脈に加えて研究と実績が必ず必要だから。

 

まず、博士号の取得は必須です。

修士号だけで教員になれる人もたまにいますが、研究や実績、作業療法士に関する活動が顕著に認められた人だけ。

博士号を取得しているということは、作業療法に関する研究分野において最大限の能力を有していることが認めれている証明になります。

 

大学で教鞭を執るのであれば、人の上に立てるくらいの証拠がないと難しいのです。

 

さらに研究の結果が世の中に認められることも必要です。多くの論文を残して、人から認められないと教員として採用はされません。

 

最後に、大学の教員もやっぱり人脈の構築は必須です。

大学の教員を公募する際、大学関係者に知り合いがいればあなたのことを推してくれることは間違いありません。

公募ではありますが、実績だけ残していても、見ず知らずの人間を採用する可能性は低いでしょう。

大学関係者、作業療法士の協会役員や著名人と人脈をもっておくことで公募の際に推薦されやすくなります。

【まとめ】絶対に教員になりたいなら専門学校がおすすめ

作業療法士の教員は臨床業務に比べて給料が高めに設定されています。

教員で年収400万円を下回ることはないでしょう。

 

教員になれれば収入の面で苦労することは少なくなるはず。狭き道ですが、目指す価値はあると思います。

 

ただし、作業療法士の教員も結構きついです。

知識のインプットはもちろんですが、残業や生徒のトラブル対応など仕事が多いです。

 

高収入である反面、苦労も多いのでよく考えてからキャリアを考えてみてください。

作業療法士ー資格
作業療法士【OT】が取得しておきたい資格【スキルアップ】作業療法士がスキルアップのために取得できる資格を知っていますか?作業療法士にプラスαとなるような資格を取得しておくことは有効です。この記事では作業療法士がスキルアップに繋がる取得しておきたい資格をご紹介します。...