作業療法士の学校・学生

40代・50代から作業療法士を目指すときに覚悟しておくこと【年齢制限はない】

作業療法士-40代・50代

作業療法士の国家試験には年齢制限はありません。

40代・50代でも養成校に入学して作業療法士の資格取得を目指すことはできます。

 

私は養成校の昼間部をしましたが、クラスの約半数は社会人・大卒から養成校に入学されていました。夜間部では社会人・大卒の比率はさらに多いと思います。

 

私のクラスには46歳の同級生がいました。非常に勉強熱心な方だったので、難なく国家試験をクリア。現在は病院で働かれているそうです。

 

40代・50代でも作業療法士を目指す人は実際にいます。そして無事に国家試験を取得して現場で活躍をされ続けています。

 

ただし、高校卒業の現役生を同じ環境で学んでいくため、ある程度の覚悟は必要です。

40代~50代の方はもちろん、社会人・大卒から作業療法士を目指す方はぜひこの記事を読んで自分に覚悟があるのか確かめてみてください。

作業療法士-やめとけ
「作業療法士はやめとけ」と言われる理由まとめ。なぜOTの資格はダメなのか解説作業療法士の方に「自分の子どもに作業療法士を薦めますか?」と質問すると、ほとんどの現役OTは「作業療法士はやめとけ」と話されます。 ...

膨大な医療用語を暗記する

作業療法士の授業カリキュラムでは1~2年次で医療用語をひたすら暗記していきます。

  • 筋肉の名称や付着している部位
  • 骨の名称
  • 関節の名称
  • 神経の名称
  • 解剖・生理学のしくみ
  • 運動学のしくみ

特に筋肉の名称は現役の作業療法士でも覚えきれないくらい膨大な量があります。

 

40代・50代であっても20代の現役生と同じように医療用語を暗記しなくてはなりません。

「歳をとったらなかなか暗記できないんだよね…」という話は聞きました。

暗記が苦手であれば、人並み以上に努力をしなくてはなりません。

現役生に比べて就職しにくい

作業療法士の資格取得には年齢制限はありません。

しかし、作業療法士の求人案件には年齢制限がある場合があります。

 

特に人気のある大病院は募集要項に「長期キャリア形成のため、30代未満が望ましい」という記述はよく見かけます。

 

学力の成績が良くても、年齢で不採用になる場合があることは覚悟しておいてください。

学費以上の経費を稼げない

作業療法士の養成校は300万円以上の高額な学費が必要です。奨学金を受けても働きながら返済しないといけません。

 

40代・50代で養成校に入学した場合、就職ができても給料で学費を回収できないかもしれません。

作業療法士は基本的に60歳で定年、その後は運が良ければ非常勤で雇ってくれます。

 

作業療法士になるくらいなら、現在勤めている仕事を続けるか、無資格でも働ける仕事で勤務を続けた方が生涯収入がプラスになりませんか?

 

どうしても作業療法士で働きたいなら問題ないですが、収入アップを目的に資格取得を目指すのなら生涯年収がプラスになりそうなのか考えてみましょう。

作業療法士ーボーナス
作業療法士の平均ボーナスと年間賞与はいくら?将来は上がる・下がる?病院や介護施設に勤めている作業療法士は夏季と冬季にボーナスがありますよね。 毎月の給料は生活費にまわして、ボーナスを大きな買い物や...